ハトムギで人々を健康にしたい

50年前に創業者の父が「食は病気を癒し、予防する」を掲げ、ハトムギの機能性に注目。以来、ハトムギ研究に邁進し、日本一高品質なハトムギや健康食品を送り届けています。ここでは、そんな運営者の思いにふれていただければ幸いです。
寒くなると発症しやすい病気
JUGEMテーマ:健康
今年は秋が短くて、気がつけば冬ですね。

寒い冬になると発症しやすい病気があります。

それは、心筋梗塞、脳素中などの血管障害です。

これは、室内外の気温の差があると、脳や心臓に負担がかかった結果、血管が収縮して血圧が急上昇したり、血流の流れが悪くなたりしておこります。

特にコレステロールが多い方や、高血圧の方はご家庭の中でも温度差の変化に注意して体を冷やさないようにしてください。

また、インフルエンザも流行しているようですので、基礎的なうがい、手洗いを行ってください。

血液に関与して効果のある田七人参のことなら

http://e-denshichi.com/


 ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ  FC2 Blog Rankingへ  にほんブログ村 健康ブログへ

| 田七人参の効果 | 20:06 | - | - |
「田七人参の力」のマンガチラシをリニューアル
JUGEMテーマ:健康
今、健康食品で人気のある田七人参!

どのように効果があるのか、分かりやすくマンガのチラシを作成しましたので、ご紹介させていただきます。

↓クリックすると大きな画像が開きます。
 (機種によっては開いた画像をもう一度クリックすると大きく表示されます)
田七人参の力 マンガ01

↓クリックすると大きな画像が開きます。
(機種によっては開いた画像をもう一度クリックすると大きく表示されます)
田七人参の力 マンガ02

いかがですか。今までは漢方薬のように堅い説明ばかりしていましたが、分かりやすくマンガにする事でさらに人気が上がったようです。

田七人参には、このように優れた効果がありますので、疲れた時や血液に関与して心配なお方は一度サンプルでお試しください。


ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ  FC2 Blog Rankingへ  にほんブログ村 健康ブログへ
| 田七人参の効果 | 18:05 | - | trackbacks(0) |
中国から来社
JUGEMテーマ:健康

弊社の商品「田七人参」の原料先の、 中国雲南省、文山から余社長様が来社されました。

<田七人参を手に説明をされる社長(32歳の3代目)>
人参を手に

余社長さんとは、4年ぶりにお会いします。

社長は、息子と同い年なので、中国に行ったときから意気投合していますが、残念ながらお互いに言葉が通じません。

仕事以外の時は、通訳なしで会話をすればもっと意思の疎通が出来て楽しいだろうと思いますね。

今の中国の経済情勢は、スゴイとの事。

そして、田七人参においては干ばつと霜にやられ不作を余儀なくされ、価格が8倍にも高騰しているとか。

栽培に3年もかかることから、今度しばらくは価格が上がったままになる可能性があります。

田七人参は、高血圧、心臓、肝臓、などの病気の方が、お薬の変わりに愛用してくださっていますので、できる限り価格の値上げは避けたいと考えています。

<レストランで会話が弾み、その流れで自宅へ案内>
自宅

今回は、自にも案内し楽しいひと時を過ごしました。

自宅(日本の住宅)に案内したことが、随分嬉しかった様子大変喜んで頂けました。

ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ  FC2 Blog Rankingへ  にほんブログ村 健康ブログへ
 
| 田七人参の効果 | 18:30 | - | trackbacks(0) |
体をめぐる血液
JUGEMテーマ:健康
私達のからだは、血液によってすみずみまで、栄養を運ばれています。

その血液がキレイだと、血管も詰まらずにキレイですが、コレステロールが多いと血管に瘤(コブ)ができたり、詰まったりします。

血管イメージ


<血管をキレイにするためには>
・新鮮な野菜と魚を食べる。
・肥満に気をつける。
・お酒を控える。  などをしてください。


A) 私達の体に張り巡らされている血管の長さをご存知ですか?

Q) 実は、なんと動脈、静脈、末梢血管のすべてをつなぎ合わせると、10万kmにもなり、地球の2週半もの長さだそうです。

A) また血液の量ってどの位かご存知ですか?

Q) 血液の量は、通常成人の場合、男性で体重の約8%、女性では約7%です。体重が50kgの男性なら約4,000mlになり、女性では約3,500mlだそうです。

血管ってすごーく長いのですね。生涯大切に使わねばいけませんね。

田七人参という健康食品は、血液に関与して効果のある人参です。


  >;↓ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ  FC2 Blog Rankingへ  にほんブログ村 健康ブログへ









| 田七人参の効果 | 19:25 | - | trackbacks(0) |
冷え性対策してますか?
JUGEMテーマ:健康

冷え性対策してますか?

体が冷えるって、冷え症の人しかその辛さは分かりませんね。

自分で自分の体を触ってもびっくりするほど冷たい!

早く、治さなくっちゃ!

一度しかない人生だもの。楽しく元気に過ごしましょ!

まず冷え性とは、血液の巡りが悪くなっていることが原因です。
温泉であったまろう! 
冷え性は大きく4つの対応に分けられます。
A)全身が冷える人
B)手足が冷える人
C)頭痛や下痢を起こす人
D)冷えとのぼせを繰り返す人

あなたは何タイプ?

A)タイプの人は、新陳代謝の低下が主な原因で、熱を作り出す機能がうまく働かなくなるため全身が冷えてしまいます。

B)タイプの人は、血液循環が悪いために起こる症状です。
  また、ストレスやダイエットも原因になります。

C)タイプの人は、冷えると胃腸が刺激され、腹痛や下痢が起こります。

D)タイプの人は、さまざまな原因による自律神経の乱れによるもの。

冷え性って、寒い冬がすげれば治まると言うものではありません。

肩こり、頭痛、貧血、月経痛、月経不順など、ストレスや自律神経、甲状腺など深い関係のある冷え性は、動脈硬化などの血管の病気に、

また不妊症などの婦人科疾患の病気になったりするので、「冷え性ぐらい」などと言わず、しっかり改善をするようにしましょう。

食べ物での改善策は、
ビタミンEを摂ること・・・うなぎ、ねぎ、かぼちゃ、にんにくが効果的です。

自然の生薬では、
田七人参は血流をよくする・・・・血の流れの滞ったオ血を解消する働きのあり、血液循環をよくします。

食事でも、サプリメントでも上手に取り入れて早く、冷え性からさよならしましょ!



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ  FC2 Blog Rankingへ  にほんブログ村 健康ブログへ




| 田七人参の効果 | 22:03 | - | trackbacks(0) |
中国雲南省文山 田七人参栽培地
JUGEMテーマ:健康

昨日の続きです。

田七人参が栽培できる土地は、真っ赤な土なのです。
<畑に行く途中の道ですが、土の色が真っ赤でしょう>
田七人参の山へ行くため、広大な地を歩く
<広大な土地の前方に、田七人参の山があります>
田七人参の畑に向かって
真夏だったのですが、そこには爽やかな風が吹いていました。

畑に着くと、畑の中は天井にネットを張って遮光を、広大な畑の周囲には盗難防止のためにをシートで囲っているので、中はとても蒸し暑いのですが、定期的に風を通す作業もされるようです。

田七人参は、種撒きから始めて1年草、2年草、3年草と言う風に、成長させるたびに違う土地に移植をしないと、同じ土では栄養不足となってしまうのです。

それほど田七人参は土地から栄養を吸収するのです。

昔、栽培に成功するまで、国外不出の妙薬だったくらい、貴重な薬草だと言うことがよく分かります。ですからお金に換えがたいほど貴重だとして、「金不換」という別名もあります。

田七人参の効果は、特有のサポニンが含有しており、どろどろした血液をさらさらにして、血栓が出来るのを予防します。

また抗ガン作用もあります。

健康食品の場合は、田七人参そのものを100%使用するので、有効成分以外の成分も渾然一体となっているのが良い様に思います。

田七人参はとっても苦くて飲ずらいので、弊社の商品は小さな粒タイプにしているのが特徴です。








↓ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ  FC2 Blog Rankingへ  にほんブログ村 健康ブログへ


| 田七人参の効果 | 21:26 | - | trackbacks(0) |
田七人参栽培地の思い出
JUGEMテーマ:健康

今日、田七人参の写真の整理をしていたら、このような写真が出てきました。
会長の奥様と一緒に
これは会長さんの奥さんと一緒に畑の中で撮影しました。

やさしそうな女性です。

会長も息子さんもこの奥さんも、みんなミャオ族の方は小柄な民族です。

ですから田七人参の畑へ入ると、遮光のための覆いの屋根がとっても低く作ってあるので、かがむように歩いたので、尋ねてみますと、作業をされる方が小柄なんだと教わりました。

作業をする方の背丈に合わせられているのですね。
民族衣装の女性
これは文山のホテルから、直ぐ近くの食堂の前でのスナップ写真です。

朝食を食べにホテルから食堂へ歩いていると、向こうから民族衣装を着た方が歩いて来られたので、写真を撮らせて頂きました。

ちょっとピンボケですが、思い出は鮮やかに残っています。

私たちが泊まったホテルは、田七人参の栽培山から車で30分ほどの、結構大きな街でしたが、普段から民族衣装を着ておられるのですね。

当地の思い出は、たくさんありますので紹介しますと、

田七人参は当地ではとても高級品なので、畑に泥棒をする人がいるそうです。

そこで田七人参の山では、簡単に出入りできないように畑に行く道をつくりません。

草を掻き分け、畑の中を横断して道亡き道を昇って行きます。

山では、田七人参栽培地を泥棒から守る人がいて、小さな小屋で寝泊りをされるのです。

会長さんも息子さんも3年間は家に帰らず、守られたそうです。

すごいですね。孤独と気温との戦いですよね。

標高1000mのところなので夏は良いですが、冬は気温が下がり大変だとか。

私たちが行ったときは夏だったので、小屋には薄い布団がありました。

それとテレビがありましたよ。映るのかしらね。

現地のご苦労を見聞してきましたので、田七人参を扱うときは、一粒でも無駄に出来ないようになりました。

田七人参の効果効能は、止血、活血、心臓、不整脈、肝臓、コレステロール抑制、などがあります。



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ  FC2 Blog Rankingへ  にほんブログ村 健康ブログへ

| 田七人参の効果 | 21:50 | - | trackbacks(0) |
現地で見た田七人参
JUGEMテーマ:健康

田七人参の栽培は、中国の文山、雲南省の特殊な赤土にしか栽培ができないようです。

日本では見ることのない、赤い色をしています。
真っ赤な赤土
真っ赤という表現が相応しいほど赤いのです。

土を触ると手まで赤く染まるほどでした。

田七人参は種を植えてから1年生、2年生、3年生と植え替えていきます。
<可愛い1年生>
1年生の田七人参
<私が持っているのは2年生>
2年生の田七人参
<これは3年生>
3年生の田七人参
<会長に大きな田七人参をとお願いしますと、見事に掘りあててくださいました>
大きな田七人参
田七人参は土から栄養を吸収するので、同じところでは大きく成長しません。何回も植え替えながら栽培します。

田七人参を別名三七人参といわれるのは、成長するのに、3年から7年かかるということから名づけられていますが、今では市場に出回っているのは3年根が多いそうです。

田七人参の効果は、大きいほど有効成分のサポニン量と種類が豊富に含まれます。

そして高麗人参は元気の「気」を補い、田七人参は血液の「血」を補います。

いわゆる血液サラサラという働きです。

3回も植え替える手間と、3年という年月がかかっているため、大変高級な人参とされています。

<こんな方が使っておられます>
不整脈、動悸息切れ、肝臓、冷え性、肩こり、疲れやすい、お化粧のりがわるいなど
健康に美容に使っておられます。


↓ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ  FC2 Blog Rankingへ  にほんブログ村 健康ブログへ


















| 田七人参の効果 | 21:40 | - | trackbacks(0) |
おいしい!はとむぎ料理

おいしい!はとむぎ料理
↑はとむぎレシピ公開中!

国産はとむぎ専門店 それいゆ株式会社
↑ハトムギのお買い物はコチラ
それいゆグループサイト
奈良古刹ブログ
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
最新の書込み
カテゴリ分類
これまでの記録
私が書いています
携帯電話でも閲覧できます
qrcode

奈良古刹ブログ
Twitter・Facebook




  ブログランキングに参加しています。
  ↓応援クリックお願いします!
  人気blogランキングへ FC2 Blog Rankingへ  
 にほんブログ村 健康ブログへ 
このブログはリンクフリーです
「ハトムギで人々を健康にしたい」
http://e-hatomugi.jugem.jp/
ハトムギで人々を健康にしたい
バナーはこちらをお使い下さい。
SIZE 160×68
リンク

  「それいゆスタッフブログ」

  体の中からきれいサプリ


  「ペットブログ」

  フローラの日記〜チワワFlauraのHappyLife〜
出版物
ブログ管理
このページの先頭へ