ハトムギで人々を健康にしたい

50年前に創業者の父が「食は病気を癒し、予防する」を掲げ、ハトムギの機能性に注目。以来、ハトムギ研究に邁進し、日本一高品質なハトムギや健康食品を送り届けています。ここでは、そんな運営者の思いにふれていただければ幸いです。
はとむぎを収穫しました

JUGEMテーマ:健康

 

令和2年度のハトムギの収穫です。

今年は、格別暑い日が続きましたが、水やりも出来たため予定の収量は

採れるのではないでしょうか。

 

 

収穫は播種してからおよそ135日を目安にします。

 

黒く登熟下粒が一番多いころを観察して収穫日を決定します。

ハトムギは一斉に黒く登熟しません。

だから刈り取り作業が早すぎると未熟粒(青や白色の粒)が多くなります。

 

秋晴れの空、ハトムギが元気に育っています。

 

収穫です。ハトムギ専用のコンバインで刈り採ります。

 

アッという間にハトムギはコンバインの中へ・・・

 

収穫は栽培のクライマックス、コンバインの音に感動します。

曇りの日でも雨が降らない限り収穫します。脱粒が多くなるためです。

 

コンバインで刈りとられた畑では落穂ひろいや、ハンマーモアと

いう機械でハトムギの茎をつぶし土に返します。

 

早速、トラクターで土をおこします。

 

コンバインで刈りとったハトムギを軽トラに移しています。

ハトムギの様子を手に取って・・一年間の想いが走馬灯のように・・・

安堵感、よく育ってくれたというお礼、感謝、胸が躍ります。

今年は粒も大きく色も黒く、上出来ではないでしょうか。

ハトムギを乾燥機へ投入しています。

収穫時期は、まだまだ暑い日ですが達成感で満たされます。

 

 

この写真は、何かの巣でしょうか、もう巣立った後なので

主は分かりません。

ハトムギ畑が気に入ったのかしら?

 

 

 

人気blogランキングへ FC2 Blog Rankingへ にほんブログ村 健康ブログへ

 

 

| はとむぎ・栽培 | 14:44 | - | - |
そろそろハトムギの収穫期です

JUGEMテーマ:健康

そろそろ、ハトムギの収穫期を迎えます。

収穫期の目安は播種から135日を目安にします。

弊社では、ハトムギの播種は5月に入ってから月末までに終わったので、

8月の末か9月の初旬にあたります。

 

ハトムギの穀実が一番多く70〜80%ぐらいが茶褐色になった頃を収穫期

と判断します。

 

<ハトムギ畑の様子です。ハトムギは実が下向きに垂れています>

 

 

因みに、ジュズダマの実はハトムギより大きく、実は上向きに立っています。

 

そして実はハトムギより大きく、黒く、艶があるのが特徴です。

 

 

ハトムギの収穫は、上位3節の成熟程度を観て株全体の成熟度合いを

目安とします。

 

 

粒の様子は

<完熟粒(茶褐色)>

 

<中塾粒(縞茶緑)>

 

 

 

収穫が早すぎると、未熟粒混入、子実の歩留が低下します。

 

<未熟粒(緑色)>

 

<不稔粒(白色)>

 

台風などで収穫が遅くなると、収穫時の脱粒が多くなり収量が

減ります。

 

ハトムギをタイミングよく適期に刈取りを行っても、5%から0%程度

の脱粒は避けられません。

もったいないですが仕方ありませんが、その実は小鳥たちが食べに

来ていますので、良いことにしましょう!

 

 

人気blogランキングへ FC2 Blog Rankingへ にほんブログ村 健康ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

| はとむぎ・栽培 | 14:21 | - | - |
はとむぎの新芽が出てきましたよー!

 

4月の花水木の花が咲く頃に、ハトムギの播種を始めました。

 

ハトムギは、すべて有機栽培です。

有機栽培は、草取りが一番難儀な仕事です。

 

4月の末から5月の連休の間に、ほとんどの圃場で播種が終わりました。

 

 

それぞれの畑の水はけをするため、溝を掘ります。

これを額縁を掘るとも言います。

 

 

播種してから約2週間たつと、

はとむぎの新芽がつんつん一列に並んででてきました。

 

 

アップにするとこんな感じです。ハトムギの新芽は赤いんですよ。

 

 

順次ハトムギの成長をお伝えしたいと思います。

 

 

 

人気blogランキングへ FC2 Blog Rankingへ にほんブログ村 健康ブログへ

 

 

 

 

| はとむぎ・栽培 | 18:05 | - | - |
令和元年、ハトムギの収穫が始まりました

昨日から自社有機栽培のハトムギの収穫が始まりました。

 

はとむぎの実が黒く登熟してきました。

 

播種から約130日経つと収穫です。

 

 

感無量! 嬉しいです。

 

大きなコンバインでしょう!

 

 

収穫しています。

 

 

おや? ハトムギが詰まったようです。

 

 

刈り取り残ったハトムギの茎は、ハンマーナイフモアで砕いています。

 

 

急に天候が変わり、一枚のみの刈り取りになりました。

 

 

 

人気blogランキングへ FC2 Blog Rankingへ にほんブログ村 健康ブログへ 

 

 

| はとむぎ・栽培 | 17:59 | - | trackbacks(0) |
令和元年ハトムギ研修

JUGEMテーマ:健康

先日、令和元年 全国ハトムギ生産技術協議会夏期研修会が島根県出雲市で

開催されました.

 

 

当日は風がありましたが、すごい夏日、暑さは格別でした。

現地のハトムギ畑の視察

 

広大な畑です。一枚が1.5haもあります。

 

 

生育状態はまだ私の背丈に届いていません。

播種は6月1日頃とお聞きしました。

 

近年はドローンを使いスマート農業に取り組んでおられます。

ドロ--ンって案外小さいですね。

 

 

 

当日は風が強く、ドローンは長く飛ばせずに・・・

まだスマート農業に取り組んだおられないJAさんは興味津々です。

 

会長様から新種子の話を伺いました。

 

古い農機具の展示もされていました。

 

 

研修2日目は、市内に会場を移動。この会場は冷房が効きすぎで寒い。

 

 

因みに自社の有機栽培のハトムギは、こんなに成長しています。

 

自社はハトムギの播種を5月の始めにしました。(島根県より1月早いです)

 

 

今年の全国のハトムギ生産者の声では、今のところは良い調子だそうです。

(秋の台風やゲリラ豪雨の心配がありますが・・・)

 

今、国産ハトムギの供給量(生産量)は輸入に比べて2割弱程度です。

 

今後、全国のJAさんが減反政策でお米に変わる作物としてハトムギを

栽培されれば供給量が増え、もっと身近にハトムギという製品が市場に

並ぶでしょう。

 

ハトムギの機能性は素晴らしく、多岐にわたって健康増進につながる農作物

であるという事を再認識し、今後も国内の生産技術を交流し栽培収量を上げ

ましょうと、夏期研修を終えました。

 

皆さん暑い中お疲れさまでした。

 

 

 

人気blogランキングへ FC2 Blog Rankingへ にほんブログ村 健康ブログへ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| はとむぎ・栽培 | 23:13 | - | trackbacks(0) |
はとむぎの穂波

JUGEMテーマ:健康

今日は爽やかな風が吹いています。

 

有機栽培のハトムギ畑に風が吹き、穂が揺れています♫

 

 

 

しばらく風に揺れるハトムギの穂波をご覧ください。

 

目には一面緑の畑、耳には穂波の音、心が落ち着きます♬♪

 

 

 

 

 

 

1週間ほど前は、一部の畑で倒伏したハトムギの穂がありましたが、昨日見回ると

 

起き上がっていました。植物の生命力に乾杯🥂

 

嬉しくてハトムギに拍手👏


 

 

 

最近、インスタグラム=フェイスブックを始めました。

 

ハトムギランチ、お持ち帰り夕食、トピックスなどを更新しています。

 

はとむぎ人生 で検索 (人''▽`)

hatomugi.llife

 

 

人気blogランキングへ FC2 Blog Rankingへ にほんブログ村 健康ブログへ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| はとむぎ・栽培 | 15:55 | - | trackbacks(0) |
はとむぎは、伸び盛りです

JUGEMテーマ:健康

有機栽培のはとむぎ畑の中に入っています。

 

 

一雨ごとにぐんぐん伸びています。

 

頼もしい限り♫

 

嬉しいです。

 

はとむぎ若葉の中に入ると、何とも言えない幸せ感でいっぱい♬

 

 

はとむぎという植物から「元気」という「気」が発散されています。

 

良い空気を吸うと体も心も爽やか。

 

雨上がりの緑の色が、深みがあっていいですね。

 

はとむぎの雄穂が出てきました。これから黄色い花が咲きますよ。

 

 

今のところ、順調に雨が降っていますので、ありがたいです。

 

場所によっては集中豪雨があるそうですが、気をつけましょう。

 

雨は足らな過ぎても降りすぎてもいけませんね。

 

 

人気blogランキングへ FC2 Blog Rankingへ にほんブログ村 健康ブログへ 

 

| はとむぎ・栽培 | 17:19 | - | trackbacks(0) |
今年のハトムギの成育はGOO!

5月に播種したハトムギ畑 見てください!綺麗でしょう!

 

ハトムギを栽培してから7年目になりますが、一番きれいな状態に生育し

ているようです。

 

 

列に並んだハトムギの若葉たちです。

 

雑草もなくとても、きれいでしょう。

 

それもプラソイラという機械を導入し、土を破砕して排水性の改善を

したことや、こまめに耕起したことが成功したのでしょう。

 

農業部員さんたちの努力の賜物です。

 

<プラソイラ>

 

このように土の中に長い爪をさして、水はけを良くします。

 

<ハローを使って播種>

 

昔、農作業は本当に負担が大きかったため、百性は百の苦労があると言わ

れていました。

 

体の負担が大きいと生産性が低下します。

 

そこで弊社もいろいろ農機具を揃えました。

 

農機具はきつい労働を軽減してくれたり、生産性向上を高める、また農業

経営を発展させてくれます。

 

農機具の購入は作物を採る前に大きな大きな投資ですが、農機具なしでは

農業法人は成り立ちません。

 

必須ですね。

 

今年はハトムギがたくさん採れますように!

 

 

 

 

人気blogランキングへ FC2 Blog Rankingへ にほんブログ村 健康ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| はとむぎ・栽培 | 18:36 | - | trackbacks(0) |
2019年度はとむぎの播種が始まりました

JUGEMテーマ:健康

 

今年の、ハトムギの播種はGWから始め、20日には終わりました。

 

 

植えた圃場数は40枚です。(40反)

 

今年は平植にしました。

 

<今年の播種は4か所から種をまけるので、大助かりです>

 

弊社のハトムギ畑は有機で栽培しています。

 

 

農薬を営む上で気温、降水量、そして地形や土壌などの自然条件が本当に大切だと

 

しみじみ感じます。

 

 

特に水資源は作物にとっては命。今年は適度な降雨で豊作の年になりますよう命ます。

 

今年も皆様により安心・安全で美味しい「有機栽培 活性はとむぎ美人茶」をお届け

 

できるよう農業スタッフ一同頑張っています。

 

<日が落ちても頑張っていますね>

 

 

<うまくいけてる♪>

 

<播種をするとカラスが種を食べに来ます>

 

 

 

 

 

 

人気blogランキングへ FC2 Blog Rankingへ にほんブログ村 健康ブログへ

| はとむぎ・栽培 | 14:53 | - | trackbacks(0) |
平成29年度 特産作物研究会に参加

昨日は日帰りで富山県入りをしました。

 

参加した会は、関東東海北陸農業試験研究推進会議 関東東海北陸水田作畑作・作業技術部会 平成29年度 特産作物研究会 

 

となります。

 

会の趣旨は、地域の特産作物への取り組みや注目される品目の栽培特性など、また薬用作物の導入による地域活性化をテーマに

 

開催されました。

 

全国から約50名の参加者がありました。

 

 

バスにて富山駅から富山の薬用植物指導センターへ畑の見学とその説明を受けました。

 

あいにくの雨天です。気温が低く寒かったです。

 

畑では雨風の中でシャクヤクの刈取り作業、シャクヤクの特徴など現場研修です。

 

 

シャクヤクの植物の根っこの説明です

 

火山灰を含む黒い土です。

 

シャクヤクをはじめトウキ、牡丹など殆どの薬草は、奈良時代に朝鮮半島を経て仏教と共に日本へ持ち込まれたものですから、

 

薬草には大和トウキ、大和シャクヤクなどと名前が付いています。

 

(奈良県は大和(ヤマト)の国といわれていたことから付いています)

 

今では奈良県内でも栽培されていますが、富山県は「越中富山の薬」で有名になっていますが、奈良も同じく高取などでは

 

家庭配置薬、置き薬で有名です。

 

その後、バスにて移動し会議室にて「国産ハトムギの生産について」講演がありました。

 

 

 

現地視察と加工施設の見学をさせていただきました。

 

ハトムギ畑です

 

 

ハトムギの乾燥施設です

 

乾燥後のハトムギです

 

 

日本ではハトムギは薬草に含まれています。

 

ハトムギをはじめ、薬草は殆ど中国から輸入に頼ってきましたが、ここ数年前から中国の経済の向上による生産原料の高騰と

 

乱獲による自生の薬用作物の減少、粗悪 などから農林部では国内栽培を計画されています。

 

既に、薬用植物を国内栽培化して地域活性化、安心、安全的に国内生産を として取り組んでおられる地域もありますが、

 

現実的には後継者問題、栽培戸数、栽培面積の確保も問題があるようです。

 

これから先、国内薬草作物栽培量が増える環境になればと願います。

 

 

人気blogランキングへ FC2 Blog Rankingへ にほんブログ村 健康ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| はとむぎ・栽培 | 17:21 | - | trackbacks(0) |
おいしい!はとむぎ料理

おいしい!はとむぎ料理
↑はとむぎレシピ公開中!

国産はとむぎ専門店 それいゆ株式会社
↑ハトムギのお買い物はコチラ
それいゆグループサイト
奈良古刹ブログ
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
最新の書込み
カテゴリ分類
これまでの記録
私が書いています
携帯電話でも閲覧できます
qrcode

奈良古刹ブログ
Twitter・Facebook




  ブログランキングに参加しています。
  ↓応援クリックお願いします!
  人気blogランキングへ FC2 Blog Rankingへ  
 にほんブログ村 健康ブログへ 
このブログはリンクフリーです
「ハトムギで人々を健康にしたい」
http://e-hatomugi.jugem.jp/
ハトムギで人々を健康にしたい
バナーはこちらをお使い下さい。
SIZE 160×68
リンク

  「それいゆスタッフブログ」

  体の中からきれいサプリ


  「ペットブログ」

  フローラの日記〜チワワFlauraのHappyLife〜
出版物
ブログ管理
このページの先頭へ