ハトムギで人々を健康にしたい

50年前に創業者の父が「食は病気を癒し、予防する」を掲げ、ハトムギの機能性に注目。以来、ハトムギ研究に邁進し、日本一高品質なハトムギや健康食品を送り届けています。ここでは、そんな運営者の思いにふれていただければ幸いです。
フルーツ酵素
JUGEMテーマ:健康
弊社では季節ごとの果物から、ショ糖の浸透圧を利用して果実液を抽出します。その液を発酵、2年間熟成してフルーツ酵素をつくります。

<季節ごとの果物> 

                   (イメージ写真)

今回の漬け込みで約40種類すべてが国産品でつくることができました。

<国産のりんごの漬け込み>


抽出した果実液は、他の果物液と合わせて、発酵熟成させ2年後に使用します。

気の長い仕事です。

<発酵させている過程では、こまめにアク取りをします>


<熟成室>


<左の薄い色の果実液は3ヶ月目の発酵、右の濃い色が2年間熟成したものです>


果実液の酵母によってショ糖が、ブドウ糖と果糖に分解されるのに2年がかるので、2年間の熟成期間が必要とします。

熟成したフルーツ酵素は、「はとむぎ美人」シリーズという商品に使います。
 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ  FC2 Blog Rankingへ  にほんブログ村 健康ブログへ
 
| フルーツ酵素のできるまで | 17:52 | - | trackbacks(0) |
フルーツ酵素
JUGEMテーマ:健康

弊社では、果物を砂糖の浸透圧で抽出したエキスを、2年間発酵・熟成させてから商品の原料に使います。

2年以上発酵・熟成したフルーツ酵素液>
カメの中で熟成
その手順は、四季折々に、新鮮な果物を求め、洗浄、カット、漬け込み作業、発酵、熟成をさせて、2年以上のたったものから使います。
<1回で漬ける果物の量>
1回で漬ける量
漬けるのは白砂糖(スクロース)です。
<りんごを細かく、丁寧に切っています>
果物をカットしている
スクロースはから、2年間発酵・熟成させている内に、グルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)に転化します。
<りんごをカメに、漬けました>
カットしたりんごを漬けました
★ここでご家庭でもできる、美味しいフルーツ酵素の作り方を紹介します。

果実酒をつけたことがあるお方なら、そんな要領です。

1)できるだけ多くの種類の新鮮な果物を買ってきます。
 (酵素力の高いイチジク、ぶどう、アケビ、パパイヤ、パイナップル、など、まだ熟し  切れていない青いもの程よい)

2)よく洗浄します。(その時水を十分にふいて一滴の水も入れないこと)

2)果皮をつけたまま、小さくカットします。

3)果物と砂糖の比率は同量にします。
(カットした果物は、空気に触れると酸化するので、すばやく砂糖と混合します)

4)入れ物に漬けた後、上の部分の果物が、空気に触れないように、砂糖で蓋をします。
 (漬けた果物は、冬場なら2週間以上、夏場なら1週間ぐらいで取り除きます)

5)最初はブツブツと発酵して来るので、こまめにあく取りをします。
(1年間くらいは発酵のためアクがでてきますが、その後は静かに熟成します。色もだん だん琥珀色になってきます)

7)最初から冷暗所に保管して、静かに熟成させます

8)2年以上経過すると、蔗糖が果糖とブドウ糖に転化して、果物の香りと、まろやかな甘さのあるフルーツ酵素が出来上がります。

ドリンクにする場合は、数倍に薄めていただきます。

疲労回復、お腹の調子を整える、代謝促進、酵素パックで美肌、などの効果があります。




↓ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ  FC2 Blog Rankingへ  にほんブログ村 健康ブログへ












| フルーツ酵素のできるまで | 21:33 | - | trackbacks(0) |
「フルーツ酵素」 【5】
「フルーツ酵素」のおいしさは格別です。

「フルーツ酵素」の原液をコップに氷を入れて約5倍ぐらいに希釈して飲みますと、まったりとした甘さとフルーツの香りが口の中に広がります。

フルーツだけでつくる「酵素」はとっても贅沢品で、商品ではありませんが私は夏バテ予防に真夏だけいただきます。


今まで「フルーツ酵素」1から5回に分けて紹介しましたことを、いずれお客様に見ていただいたり、飲んでおいしさも体験していただけたり出来るようにしたいと考えています。


そこで私たちのビジョンは「フルーツ酵素」の製造工程を見ていただける見学コースと食育という教育現場、ハトムギを使った料理を食べられるレストランなど、ハトムギの栽培から食卓まで一貫して体験できる「ハトムギハウス」(仮称)を建設することです。

すでに大手食品会社は「食育宣言」をしたりして、社会貢献をされています。
私たちも地域から「食育」や料理教室などをして「健康」のお役に立ちたいと考えています。
| フルーツ酵素のできるまで | 23:52 | - | trackbacks(1) |
「フルーツ酵素」 【4】
2年間発酵・熟成させた「フルーツ酵素」は、琥珀色をした液体になります。
まさに人工的につくられた蜂蜜のようなものです。

「フルーツ酵素」のアクを取る作業


その「フルーツ酵素」を国産のハトムギ、オリゴ、天然のビタミンCを配合した原料に、吸着させて低温乾燥して粉末化すると「ハトムギ酵素」と言う弊社のオリジナル商品になります。

オリゴ糖は腸内の乳酸菌を助けお腹にやさしくまた、天然のビタミンCはお肌をサポートします。

これらの配合はハトムギ単体で摂取するより、スピーディに美容、健康に大変効果的になります。

特に便通が改善されますので、何より体調が整ってまいります。

体は摂取する入り口と排泄という出口のバランスがたいせつで、健康には排泄が重要な要素を持っており、最近は体の毒素を排泄することをデトックスといわれています。

排泄がスムーズになることは体の中の代謝がうまく行われていることになります。

ニキビ、吹き出物などは便秘症の方や、アトピー性皮膚炎のお方には便秘の方が多いといわれています。これは新陳代謝がうまく行われていないのだと思います。

「フルーツ酵素」室
| フルーツ酵素のできるまで | 23:50 | - | trackbacks(0) |
「フルーツ酵素」 【3】
「フルーツ酵素」の抽出には約2年間かかります。
カットしたフルーツにショ糖を同量入れて発酵させます。

<あと数日後にフルーツを取り出しますが、発酵が始まった状態>

カメの中で果物が発酵している様子

漬けた当時は激しく発酵し、カメの中でぶくぶくと泡が出て、カメの上から発酵の音が聞こえてきます。

プチプチと泡がはじける音です。

この音はフルーツ液が「酵素」に成長する音であり、カメの中のフルーツ液が生きている音です。

約一年間という期間を私たちは発酵期と呼び、毎日毎日、丁寧にアクを取り除きます。
糖度が低いとアルコール化しますので、糖度管理を厳しくします。

その後発酵が収まってくるとフルーツ液は熟成期に入り、静かにカメの中で眠っています。

2年間の熟成を終えたカメの中でショ糖がブドウ糖に転化します。これを私どもは「フルーツ酵素」と呼んでいます。

約40数年前から製造している「フルーツ酵素」は弊社の生命でもあり、今は500カメほど保管しています。

「フルーツ酵素」の商品化は「ハトムギ酵素」「若葉入りハトムギ酵素」「ハトムギ美人」「若葉入りハトムギ美人」に配合します。

具体的に申し上げますと、各商品のハトムギ末に直接吸着させて低音乾燥粉末にします。

「フルーツ酵素」の体に及ぼす効果のほどは、直接的に解明されていませんが、整腸作用、消化作用、代謝作用が上げられます。

フルーツの効果はりんご一つをとってみても、医者知らずというほど栄養があり、パパイヤ、イチジクは消化酵素が豊富だし、ぶどうはポリフェノールが多く含まれいる等と、どの果物でも体にとって良い効果があります。

今年は「ハトムギ酵素」として商品の実験データを取っていますので、効果が明確になると思います。
                                     つづく

| フルーツ酵素のできるまで | 20:40 | - | trackbacks(0) |
「フルーツ酵素」 【2】
季節折々のフルーツを買い付けるのは奈良の中央市場です。

フルーツも若い(青いと表現するほうが分かりやすいかもしれません)物を選択します。弊社の「フルーツ酵素」原料を約40品目のフルーツにしているのは、それぞれのフルーツによって付いている「酵母菌」が違い、酵母菌の種類を多く集めるため40品目としました。。

一度に300kgほど漬けるのにパート社員さん10名が半日かかります。

包丁で皮ごとカットしますが、皮の硬いパイナップルなどは手が痛くなってくるし、また大きなフルーツは切りにくくて大変で、バナナは楽にカットできます。

バナナをカットする

カットしたフルーツにすばやくショ糖をまぶしてフルーツの酸化を防ぎます。
切る人、ショ糖と混合する人、仕上げていく人とチームワークを取りながらてきぱきと仕事をすすめます。

新入社員はこの作業をするととっても感動します。

高価なマンゴやパパイヤ、巨砲、メロンなど山ほどを、どんどん包丁で切っていくわけですから、贅沢と言うか本当にこれだけの果物を漬けて液を抽出していることが感動を呼んでいるようです。

メロン、スイカ、その他を漬ける

ある外部の方がフルーツを漬け込む日にこられ、作業風景を見ながら「これがパンフレットに書いてあった<フルーツ酵素>と言う正体ですか、本当にやってはる、びっくりしましたわ」

その方には会社の心臓と言えるお宝の「フルーツ酵素」にもしものことがあったらと500カメの地震対策をしていただ来ました。          
                                    つづく
| フルーツ酵素のできるまで | 16:20 | - | trackbacks(0) |
「フルーツ酵素」 【1】
弊社には「フルーツ酵素」という酵素を持っています。

この酵素は季節折々の果物を月に一回程の間隔で漬け込みます。
まず果物をきれいに洗浄した後、パート社員さんの手作業でカットして空気に触れて酸化しないようにすばやくショ糖をまぶします。

そしてショ糖の浸透圧によって果物の液を抽出します。

一回に漬ける果物は大体300圓曚匹任后洗浄から包丁でカットしてつけ終わるまでに2日かかります。
フルーツ酵素用の果物

イチゴを漬ける日は工場内に甘い香りが立ち込め、ケーキ屋さんの臭いがします。
ぶどうを漬ける日はぶどう酒のような香りがして、それぞれ使用する果物によって季節が感じられます。

フルーツ酵素用のイチゴを漬ける

漬けた果物は夏なら一週間ほどでその残渣を引き上げ、冬なら2週間ほどで引き上げます。

そして酵素室のカメに移して保管します。

引き上げた果物は柑橘類ならママレードにイチゴならジャムにできそうな残渣です。

                                   つづく
| フルーツ酵素のできるまで | 15:37 | - | trackbacks(0) |
おいしい!はとむぎ料理

おいしい!はとむぎ料理
↑はとむぎレシピ公開中!

国産はとむぎ専門店 それいゆ株式会社
↑ハトムギのお買い物はコチラ
それいゆグループサイト
奈良古刹ブログ
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
最新の書込み
カテゴリ分類
これまでの記録
私が書いています
携帯電話でも閲覧できます
qrcode

奈良古刹ブログ
Twitter・Facebook




  ブログランキングに参加しています。
  ↓応援クリックお願いします!
  人気blogランキングへ FC2 Blog Rankingへ  
 にほんブログ村 健康ブログへ 
このブログはリンクフリーです
「ハトムギで人々を健康にしたい」
http://e-hatomugi.jugem.jp/
ハトムギで人々を健康にしたい
バナーはこちらをお使い下さい。
SIZE 160×68
リンク

  「それいゆスタッフブログ」

  体の中からきれいサプリ


  「ペットブログ」

  フローラの日記〜チワワFlauraのHappyLife〜
出版物
ブログ管理
このページの先頭へ