ハトムギで人々を健康にしたい

50年前に創業者の父が「食は病気を癒し、予防する」を掲げ、ハトムギの機能性に注目。以来、ハトムギ研究に邁進し、日本一高品質なハトムギや健康食品を送り届けています。ここでは、そんな運営者の思いにふれていただければ幸いです。
秋です お肌を乾燥から守りましょう

JUGEMテーマ:健康

秋の季節は、空気が乾燥しやすくなります。

 

空気が乾燥するにつれ、お肌の乾燥が気になりますね。

 

そこでお肌を乾燥から守り、潤してくれる「はとむぎ美人」をおすすめします。

 

 

 

 

 

 

フルーツ酵素

 

「はとむぎ美人」に配合しているフルーツ酵素は、すべて国産のフルーツを使用し、2年から3年の間、自然発酵・

 

熟成させた植物発酵エキスです。このフルーツ酵素は体の調子を整えて元気の源となり美容・健康に役立ちます。

 

 

 

 

「はとむぎ美人」は肌を潤す

 

「はとむぎ美人」を豆乳や牛乳に混ぜると美味しく飲みやすくなります。「はとむぎ美人」は6つの原料を配合、

 

中でも3種類の「はとむぎ」はそれぞれ素晴らしい機能性を持っています。特にハトムギの保湿成分で、この季節は

 

乾燥からお肌を守り、潤してくれます。ハトムギ特有の抗酸化作用、保湿作用、美肌作用、抗腫瘍作用、抗炎症作用など

 

で肌のトラブルを体の内から改善して、なめらかで潤いのあるお肌をつくります。

 

 

 

 

1回分2.5g×60包入りです。

 

菊に目安として2包をお飲みください

 

 

1回づつ分包しています

 

顆粒状になっているので、飲みやすいです

 

 

そのまま食べても美味しいです

 

 

「はとむぎ美人」ですっぴん

 

ハトムギは体の内から保湿力をアップさせるので、いつも肌が潤っている感じ。また、はとむぎ若葉は抗酸化力が

 

高いのでシミやしわの予防、改善に役立ちます。


ご愛用者の中には、“お化粧をしなくなりました、すっぴんです”と、おっしゃる方が多くなりました。

 

「はとむぎ美人」の素晴らしい機能性に万歳です。

 

 

人気blogランキングへ FC2 Blog Rankingへ にほんブログ村 健康ブログへ  

| はと麦 | 16:33 | - | trackbacks(0) |
はとむぎ祭りでーす!

8月5日(土曜日)11時〜13時まで、「第10回 はとむぎ祭り」を行いました。

 

8月10日を語呂合わせで「はとむぎの日」と記念日協会に登録していますので、公に告知するため「はとむぎ祭り」を行いました。

 

会社の近くの1万所帯に、「はとむぎ祭り」のチラシをポスティングし、またSNSなどでお知らせして来場者数は130人ほどでした。

 

 

土曜日で集客数、130人は多い方だそうです。 大盛況ですね。

 

<社長から開催の挨拶、はとむぎ祭りのハッピを着て>

 

 

<受付です>

 

 

<思い思いのはとむぎ料理をお食べいただいています>

 

 

<スタッフさーん!準備はOKですか?>

 

 

<自家製のパンです。完売すればいいなあ!>

 

担当者は朝早くから作り、心配していましたが、大好評の内に完売!!>

 

 

<有機野菜販売コーナー>

 

 

今ではO-157などの病原性大腸菌の発生などを考慮して、イベントを中止することが多くなりました。そんな中での

 

「はとむぎ祭り」を行うのですから、やはり一番気を使ったのは衛生面です。

 

何事もなく無事に終えられ、安堵しております。

 

今回の主なハトムギメニューには(国産はとむぎスリーズがいっぱい入っています)

 

・はとむぎ入りカレー(有機野菜トッピング)200円・・・カレーのご飯に「国産はとむぎ炊飯器用が1割入っています)

 

  (私は、カレーのトッピング、ナスビとピーマンを炒め、その後に冷やしぜんざい用のお団子を丸め、茹でていましたよ)

 

・はとむぎ入り冷やしぜんざい100円(団子に、国産はとむぎ粉末が2割入っています)

 

・はとむぎ入りフルーツポンチ200円(国産はとむぎ粒をゆでて、てんさい糖で甘くして大さじ1杯ほど入っています)

 

・はとむぎ茶ゼリー100円(有機栽培、奈良産のハトムギ茶でゼリーをつくり、茹でハトムギをトッピングしています)

 

・はとむぎ入りパン200円と100円(自家製パンです、国産はとむぎ粉末が1割入っています。自家製酵母菌、無添加)

 

・はとむぎ茶は飲み放題、無料です(有機栽培、奈良産のハトムギ茶を冷やしてご提供)


・はとむぎ講習会では、カフェにてハトムギの食べ方、効果効能をご説明しました。

 

・観光農園では、自社の有機栽培の畑で野菜の収穫体験を親子でしていただきました。

 

 

<トマトやきゅうり、なす、おくら など籠いっぱい収穫>

 

お野菜にはどれも、トゲがあるので軍手をはめて、気をつけてね。

 

 

・農機具の見学では、有機栽培のはとむぎ畑に並んだ大きなコンバインなどを珍しそうに、乗って遊んでいました。

 

 

・キッズコーナーでは、ボールハウスやおもちゃがいっぱい用意しました。

 

 

「はとむぎ祭り」を通じて、地域交流によってハトムギの普及にもつながり、また子供たちにも喜んでもらえて無事終わりました。

 

暑い中、大勢のお方が来てくださりありがとうございました。感謝です。

 

社員の皆さんもご苦労様でした。 

 

夕食は全員で打ち上げ。活けの鱧しゃぶでした。お出汁が良く効いてとても美味しかったです!

 

 

 

人気blogランキングへ FC2 Blog Rankingへ にほんブログ村 健康ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| はと麦 | 13:45 | - | trackbacks(0) |
富山県へご挨拶に行きました

「JA全農とやま」様へ、今年のハトムギの状況をお聞きし、継続して契約のご挨拶に行ってまいりました。

 

<大きなビルです>

 

 

今までなら富山に入る時は、京都からサンダーバードで行っていましたが、今回は金沢から北陸新幹線に乗り換えて入りました。

 

<北陸新幹線の改札付近、大勢の人で混雑しています>

 

 

<新幹線の車中は、こんな感じです>

 

 

<背もたれの枕が上下に自由に動かせます>

 

 

富山の駅は新しくてきれいですね。駅中のブースにハローウインが・・・・

 

 

そうそう、丁度お昼時なので駅中ビルに行き、時間がないので並ばなくても入れるお店に入りました。

 

そこのオーダー方法ですが、ちょっと考えさせられることがあったので・・・・

 

<ここから私の独り言です>

 

お店に入るとテーブルに案内され、お店の方に「これに(タブレット)タッチして注文してください」といわれ

 

タブレットを渡されました。

 

しかしすぐには作動しませんでした。

 

そのうちタッチができ息子が注文してくれました。(難しくないけど会話で注文したいなあ!)

 

注文の品を待っていると、そこへ外国の観光客が入ってこられ、同じくタブレットを指さし、「タッチ」するように案内されています。

 

外国の方は理解でき「OK!」と返事がありました。

 

外国のお客様には会話をせずに済むのでいいのかもしれませんね。

 

次におじいさんが入ってこられ、お店の方が「注文はこれにタッチしてください。タブレットからの注文のみになっています」と

 

言って席を離れられました。(ええんかな?)

 

私は、店は混んでないのやから、お店の方がお客様の代わりにタッチしてあげたらいいのに・・・

 

心配になっておじいさんの行動を見ていると、ゆっくりタッチしながら何とか注文ができました。

 

画面に「ご注文ありがとうございました」と出たのでやれやれ。(口で注文するより時間がかかるよね・・・)

 

今後は、おばあさんの二人ずれ、さあどうなるかな?

 

先ほどと違うお店の方が、「何になさいますか」「はい、○○ですね」と言ってお客様の代わりに自分でタブレットから注文され、

 

「ありがとうございます!」と言って席から離れられました。

 

ひと安心。お店はこうでなくっちゃ!

 

 

お客様にご注文をお聞きするのは、コミュニケーションの一つですものね。

 

私は口で注文する方が好きです。

 

確認できるので安心だし、会話の中で他の会話もできるしね。

 

 

 

タブレット式の注文方法は、新しくなった観光の町にとってプラスなのでしょうか?

 

うーん!!  どうかな?

 

 

 

新しい街にはどんなに小さなことでも、おもてなしの心が旅人のいい思い出になるのではないでしょうか。

 

私は、「ええ!いらっしゃい!」「ありがとうございましたー!」が好きですね。

 

 

 

「JA全農とやま」様からレンタカーで小矢部市に入り金沢駅で返却して、再びサンダーバードで京都、奈良へと帰路につきました。

 

帰りの金沢駅では「花嫁電車」の看板から顔を出して・・・(意味もなく)

 

ハトムギを通じ、ご挨拶の出張の1日でした。

 

 

 

>人気blogランキングへ FC2 Blog Rankingへ にほんブログ村 健康ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| はと麦 | 17:09 | - | trackbacks(0) |
ハトムギの研修旅行(富山県小矢部市)
JUGEMテーマ:日記・一般
2012年3月3日に、富山県の「おやべ元気村づくり塾」の都市農村交流体験事業」に弊社からハトムギファン22名を募り大型バスに乗って1泊2日の研修に出かけました。



内容は、ハトムギの加工施設の見学、勾玉作り、そば打ち体験、フラワーアレジメントの体験です。

奈良から小矢部までバスで5時間ほどかかります。

22名なのに大型バスだったので、二人席に一人しか座らずとてもゆったりとして、何度もトイレ休憩をもあり想像していたより5時間は楽に過ごせました。

バスガイドさんが、奈良から小矢部までの区間ずーと歴史などガイドしてくださったので楽しかったです。

道中には雪景色残っています。


小矢部に入るとメルヘン公共建築が見えます。全部で3数個学校などの建築物がメルヘンタッチです。

到着です。小矢部の皆さんがお出迎えしてくださいました。

さっそく、ハトムギの乾燥、精白、加工施設を見学




ハトムギの加工工程は下記の手順で行われます


小矢部のマスコットとクロスランドタワー前で撮影。ここでもマスコットがお出迎えです。


118mの展望台です。


展望台からの景色です。

小矢部市には散居村(さんきょそん)といわれ、集落がばらばらと点在している村のことです。


散居村は、水田に水を張った初夏や、穂が黄金色に実った秋はとてもキレイな景観だそうです。

勾玉(まがたま)作りです。好きな形に書いた石を砥石で磨いてつくります。


結構しんどい作業です。

旅館に着きました・ロビーには暖炉が・・・冷えた体にうれしい!


夕食は大宴会、県、市、JAの関係者様とご一緒。宴も終わる頃にご招待のお礼の挨拶です。


その後は、天然温泉に入ったり、夜なべ談義をしながらぐっすりお休み!

翌朝、そば打ち体験です。


そばを大きな包丁で細く切ります。


ようやく完成!トッピングには鰹節、ねぎ、かまぼこですが、食べかけてから気がついて撮りました。


味は、どちらかというと関西に近いおいしい味でした。

次には、フラワーアレジメントです。


お土産の贈呈式、全員にハトムギロールケーキ・ハトムギ入りパン、ハトムギクッキーをいただきました。


最後に駅の道「メルヘンおやべ」でいろいろな鍋料理券を頂お腹一杯です。後は家族用にショッピングです。

雪景色に別れを告げ、奈良まで5時間かけて帰りました。


至れりつくせりの心暖かな心のおもてなしに、全員が感動・感動!!何よりうれしかったです。

バスガイドさん曰く、「今まで長くガイドを務めていましたが、これほどの歓迎ぶりは経験したことがありません、小矢部の皆さんも良い方ばかりで、太陽食品さんってすばらしい会社なのですね」とおっしゃっていました。

皆さんお疲れ様でした。いい体験旅行でしたね。


小矢部のことなら詳しい載っています。ご覧ください。 http://www.oyabe.info/

応援クリックお願いします。
  人気blogランキングへ   FC2 Blog Rankingへ   にほんブログ村 健康ブログへ
| はと麦 | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハトムギの会
JUGEMテーマ:健康
11月21日と22日は東京で、ハトムギに関する会議が二つありました。



21日は「はと麦きれい倶楽部」です。

この日は役員会での参加。

今後、「全国にハト麦をどのように知っていただくか、ハト麦というマイナー穀物の認知度を上げましょう」という会です。

主に生産者の方々で構成されています。

私は販売者ですが、はと麦の認知度向上の活動なら喜んでしたいと思い、参加させていただいています。

一人でも多くの方々にハト麦を通じて健康・美容にまた未病の役に立てればと思います。

そして22日の午前中は、金沢大学臨床研究開発補完代替医療学講座特任教授 鈴木信孝氏の講演、内容はハトムギの機能性。

午後から「全国ハトムギ生産技術協議会・秋季検討会」です。

参加者のハトムギ栽培報告やヨクイニンエキス製剤の効果などの講演です。

2日にわたり全員が「ハトムギ」について語ると大きなパワーとなり有意義な時を過ごしてまいりました。

弊社では、微力ではありますが、「ハトムギの普及活動」として冬は2月に餅つき大会を夏にはハトムギ祭りをまた毎月「食育」を開催して地域の皆さんと交流しています。

いま、全国でこのようなイベントをしようという試みは、心強くうれしく思います。

ハトムギは穀物の中でも唯一機能性があり、食べて良し飲んでよし、病気の予防によしという優れたものですから、これからも知っていただきくための活動を続けていきたいと思います。

ハトムギのことなら詳しくわかるページは
http://www.hatomugikan.com/




ハトムギ料理のレシピのページは
http://www.kenko-soleil.com/asp/hatomugi-recipe.asp



 応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ  FC2 Blog Rankingへ  にほんブログ村 健康ブログへ

| はと麦 | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハトムギでインナーケア
JUGEMテーマ:健康

今、インナーケアという言葉をよく目にします。

この言葉は、体の内側から注意・配慮・ お世話するという意味の造語?のようです。
 
今までは、お肌に問題があればお肌のケアを、内臓に問題があれば内臓のケアというふうに、局所対処だったのが、インナーケアという言葉では体全体の問題だと捉えているようです。

このような考えは、中医学的です。

中医学では、「標示と本治」の考え方があり、「病気を治すとは本を治すことである」といわれています。

また、「病気を診ずして病人を診よ」という言葉もあります。

アトピー性皮膚炎やアレルギーを治すときも、体を治すという観点から考えます。

私達は日本に住み、日本人として何を食べたら体に合うのか、また私たちは基本的にどういう物を食べたらいいのかを考えて食事をすることが健康維持には大切。

昔と違い食生活が大きく変わってきた現代は、様々な要因によって病気が起こっていますが、基本は食べ物で心身を変えられるということもインナーケアという言葉で表現されているように思います。

イボ、アレルギー、肌アレ、むくみなども症状にも「はとむぎ」は体の内側からケアしてくれます。

応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ  FC2 Blog Rankingへ  にほんブログ村 健康ブログへ

| はと麦 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(4) |
ハトムギの認知度アップに努める
JUGEMテーマ:ビジネス

最近の化粧品には、ヨクイニンエキス、またはハトムギエキスという原料がよく配合されるようになりました。


その原料は、ハトムギの実から抽出したものです。

<国産のハトムギの穂>


ハトムギそのものには、お肌の細胞に弾力を与える必須アミノ酸がバランスよく含まれた穀物です。

<ハトムギの実>



そして細胞間脂質を活性化するセラミドという成分や、ビタミン、ミネラルなどの美容成分も豊富に含んでいます。


このハトムギが化粧品の原料になります。

<上のハトムギの殻をむいた精白ハトムギです>


<精白ハトムギのできるまでの工程>

その効果は保湿、美白、UV防止、血流促進、抗炎症、皮膚弾力改善などです

今では、ネットでも大手化粧品メーカーでも、数え切れないほどの商品が販売されるようになりました。

勿論弊社もハトムギエキスをたっぷり配合した化粧品を販売しています。

広く一般にハトムギエキスの認知度が高くなってきて嬉しく思います。

先日、石川県羽咋市(はくいし)の「JAはくい」から、ハトムギエキス配合の化粧品をいただきました。

<国産のハトムギエキス配合化粧品>


地元で作られたハトムギから、エキスを抽出しておられるとの事。

国産のハトムギエキスを配合されています。

使ってみましたところ、思っていた通り、しっとりします。

そのあとは、さっぱり感!

使い心地はとてもいい感じです。

そして、自然派化粧品でした。

今回は、他社の化粧品の紹介です。

なぜ、他社の製品を紹介するの?と申しますと、

8月に全国ハトムギ生産地の代表、実需者が集まり、国産ハトムギの認知度向上、販売促進のための「はと麦きれい倶楽部」が設立されました。

私も役員の一人として、自社のハトムギ商品に限らず、国産のハトムギ商品アピールをさせていただいた次第です。

今後ともハトムギの認知度アップに努めますので宜しくお願いいたします。


応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ  FC2 Blog Rankingへ  にほんブログ村 健康ブログへ

| はと麦 | 09:21 | - | trackbacks(0) |
健康情報誌
JUGEMテーマ:健康
弊社では、毎月「それいゆのはとむぎ」という健康情報誌をお客様に無料で配布しています。



http://www.kenko-soleil.com/asp/hatomugi-recipe.asp

内容は、ハトムギの効果効能、ハトムギの料理、病気の予防、などです。

この新聞は、自社ホームページから見ていただけるよう掲載しています。

今までのバックナンバーもご用意していますので、是非ご覧くださいませ。

また、ハトムギ料理レシピも毎月更新していますので、ヘルシー料理の参考になさってくださいませ。


<ハトムギ粒入りロールキャベツ>


新聞、レシピなどは、必要ならご一報いただければ送付申し上げます。

はとむぎを通じて、皆様の健康、美容のお役に立てれば幸いでございます。


http://www.kenko-soleil.com/asp/tushin.asp

 ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ  FC2 Blog Rankingへ  にほんブログ村 健康ブログへ
| はと麦 | 15:57 | - | trackbacks(0) |
KCNテレビ放映にて
JUGEMテーマ:健康
先日に受けた、KCNテレビ局の取材が放映されました。

ぶっつけ本番だったので、緊張していますが、とりあえず紹介します。

<これからハトムギの会社をお伺いしましょう>
訪問
<これがハトムギですか、いろいろな商品がありますね。ハトムギの効果は、
つくっている工場を拝見できますか>

商品の紹介

<これから、工場へ案内して頂きまず>
工場へ案内
 
<ハトムギ茶の製造工程です>
お茶

<ハトムギカフェで、ハトムギを試食します、随分いろいろとお料理が並びましたね、おいしそう!>
カフェ

<ハトムギ茶から・・・・おいしい!!>
試食

<これはここまま食べられる(ほうじハトムギ)のシリアルです。次々とお料理の紹介を画面いっぱいに写っています>

シリアル

<最後に、今後の取り組みなど、真心をこめて商品をお届けしますと、ご挨拶>
将来について

ざっとこのような流れで、会社の紹介をして頂きました。

自分の姿を見て感じた事は、話しながら必要以上に顔を動かし、笑顔でない事。

もっと楽しそうに、笑顔で話したかったなあ。(後の祭りですが・・・)

この番組の動画はここから見られます。

(左にある、Kパラnet 土曜日をクリック、弊社は番組の後半、15分間です)
http://tv.kcn.jp/kpn/index.html

ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ  FC2 Blog Rankingへ  にほんブログ村 健康ブログへ
 
| はと麦 | 16:11 | - | trackbacks(0) |
鳩が鳩麦を食べるって本当?
JUGEMテーマ:ペット
ハトムギという名前の由来の一つに、「鳩が好んで食べたから」という説があります。

そこで本当に鳩が、ハトムギを好んで食べるかどうか、鳩のいるお寺に行って試してきました。

持参したのは国産はとむぎです。

左から殻つきハトムギ・ほうじ粒・ハトムギ・炊飯器用です。

各種はとむぎ

さっそく鳩に与えてみますと、たくさんの鳩が寄ってきました。
鳩

ご覧の通り4種類のはと麦を、食べています。
各種はとむぎ

どうも、炊飯器用はとむぎが好みのようです。
炊飯器用

この商品は小粒のために、食べやすいのでしょうね。

鳩も、はと麦を食べるのは生まれて初めてのことでしょう。

美味しかったのでしょうか、なかなか私から離れません。

これで、はと麦という名前の由来は、証明されましたね。


ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ  FC2 Blog Rankingへ  にほんブログ村 健康ブログへ









| はと麦 | 19:10 | - | trackbacks(0) |
おいしい!はとむぎ料理

おいしい!はとむぎ料理
↑はとむぎレシピ公開中!

国産はとむぎ専門店 それいゆ株式会社
↑ハトムギのお買い物はコチラ
それいゆグループサイト
奈良古刹ブログ
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
最新の書込み
カテゴリ分類
これまでの記録
私が書いています
携帯電話でも閲覧できます
qrcode

奈良古刹ブログ
Twitter・Facebook




  ブログランキングに参加しています。
  ↓応援クリックお願いします!
  人気blogランキングへ FC2 Blog Rankingへ  
 にほんブログ村 健康ブログへ 
このブログはリンクフリーです
「ハトムギで人々を健康にしたい」
http://e-hatomugi.jugem.jp/
ハトムギで人々を健康にしたい
バナーはこちらをお使い下さい。
SIZE 160×68
リンク

  「それいゆスタッフブログ」

  体の中からきれいサプリ


  「ペットブログ」

  フローラの日記〜チワワFlauraのHappyLife〜
出版物
ブログ管理
このページの先頭へ